エンジニアが転職を成功させるコツ


エンジニアは最も転職が多い業種の一つと言われていますが、転職がうまくいく確率は一般的には高いです。
ここでは転職経験者だからこそ分かる、成功確率をより上げるためにしておくべきことをご紹介したいと思います。
誰でも実践できるかと思うのでぜひみなさんの転職活動に役立ててください!

転職の目的を整理して明確化

転職をする上で”転職の目的”をはっきりさせることはとても大切です。
これはエンジニアに限った話ではありません。
例えば中途採用の場合、大手企業では採用マニュアルがきちんと整っているため技術面やポテンシャルで採用されることもあるようです。
しかし、ベンチャー企業のように一人ひとりが持つスキルが大きく関わる企業では「どうして転職したいのか」「どんな風に活躍したいのか」を重視する傾向があるようです。
なので事前に転職の目的を整理しておく必要があります。

自分にあった転職支援サービスを選ぶ

少し前までは転職活動をするといえば、自力で転職サイトに登録して求人を探すというのが主流でした。
筆者も自身で転職サイトを探しては登録し、求人を探していました。
しかし最近では「転職エージェント」を活用する人も増えてきています。
ただ、転職エージェントと一口にいっても様々なエージェントが存在し、サービスもバラバラです。
自分にはどのサービスを使うのが向いているのかをきちんとチェックしておくと良いでしょう。
もうすでに転職活動を始めているという方は、今のやり方が本当に効率的なのかどうかを見直してみましょう。

転職エージェントを見極める方法

とはいえ転職エージェントを見極めるのは簡単なことではありません。
相談すべき転職エージェントの見分け方のコツについて、まず求人数が多いかどうかが大事です。
求人数が豊富であれば自分に合ったものを紹介してくれますし、もし紹介された企業から内定がもらえなくても多くの求人を抱えていればフォローもしてくれます。
そのため成功確率も上がるでしょう。
次はWEB業界に豊富な知識があるかどうか。
いくら職支援のスキルが高くてもWEB業界の知識に疎いエージェントでは希望を正確に理解してもらえないこともあるでしょう。
それでも絞れない!という方はいくつかの転職エージェント会社に登録するのも一つの手です。
各社を比較することで各エージェントの強みなども見えてくるでしょう。

転職に不安を抱えている方も、少しでも「転職したい!」という気持ちがあるならばまずは行動に移してほしいと思います。
転職をすることで得られるものもあるかと思うので、どうか前向きに転職活動を乗り越えていってほしいと思います。
そして、自分にあった職場を見つけて転職を成功させていただければと思います。