エンジニアが転職を成功させるための求人票の見方


転職を考えたとき、まず求人票を見ますよね。
これはエンジニアに限った話ではありません。
もちろん面接対策も大切ではありますが、転職を成功させるためには求人票の「見方」にも注目してほしいです。
みなさんが少しでも成功に近づけるようエンジニア向けに求人票の項目別の「見方」について紹介したいと思います。

「仕事内容」の見方

実は求人票にある「仕事内容」の見方でその求人が危険なものでないかどうかが分かります。
”これまでエンジニアとして働いてきたから仕事内容くらい分かる”なんて思っている方がいるとしたらとても危険です!
例えば、エンジニア業務とは全く関係のない業務が大量に記載されている求人票は要注意!
エンジニアもできる便利な「何でも屋」を誘い込もうとする罠である可能性が高いため、応募するのは避けた方が良いでしょう。
逆に業務内容の内容や対象がはっきりと記載されている求人票はとても信用できる求人と言えるでしょう。
仕事内容の記載が曖昧な求人は危険、業務内容が明確に書かれている求人は安全と覚えておくと良いでしょう。

「賃金・休日」の見方

続いては「賃金・休日」の見方です。
前職より良い賃金かどうか、休日がきちんとあるのか、など転職するうえでとても重要視される項目ではないでしょうか。
実は転職で年収を増やしたいエンジニアを騙す嘘が仕掛けられている求人票もあるためここでも注意が必要です。
例えば給与で「年収500万円、賞与・残業代有り」と書かれている求人があるとします。
一見、年収500万円に賞与と残業代がプラスされると思いがちですが、実際は「熟練者であれば賞与・残業代を含めて最大500万円」という意味なんです。
そもそも年収とは基本給・残業代・賞与など全てを含めた額を指します。
実際は記載されている給与から20%前後を差し引いた額だと思っておいた方が良いでしょう。
また休日についても見方に注意が必要です。
例えば「週休2日」と記載されている場合、これは毎週土日休めるのではなく、「1か月で最低一週は2日間休める週がある」ということです。
週休2日とは必ず毎週2日休めるわけではないということを頭に入れておきましょう。

「労働時間」の見方

最後は「労働時間」の見方です。
エンジニアの勤務時間制度には「固定時間制」や「フレックスタイム制」をはじめ、「裁量労働制」などがあります。
それぞれにメリット・デメリットはありますが、なかでも「フレックスタイム制」と「裁量労働制」は残業代取得率がとても低いと言われておりあまりおすすめはできません。
もちろん一人ひとりに合った働き方が一番なので、求人票を見る際は労働時間にも目を通し、自分に合った働き方かどうかを考えるとよいでしょう。

このように求人票にも一つひとつの項目で落とし穴があります。
せっかく採用されても、いざ入社してみたら求人票と書いてある内容が違う…なんてことにならないよう、求人票にもしっかり目を通して転職を成功へと繋げましょう!
今回紹介した見方を参考に下記サイトに掲載されている求人票に目を通してみるのも良いでしょう。

<参考サイト>Sky株式会社の中途採用・求人・転職情報|転職エージェントのパソナキャリア