エンジニアが転職を考える理由


エンジニアは転職市場において最も転職が多い業種の一つとされています。
かくいう筆者もエンジニアであり、転職を経験しています。
しかし、なかなか転職に踏み切れない人も多いのではないでしょうか?
そこで「転職を考えているけど勇気がない」「今の職場に不満があるため転職したい」と思っている方に向けて、エンジニアはどのような理由で転職をしているのか、体験談を交えながらご紹介します。

自分への評価が低い、給与が低い

エンジニアが転職を考える理由の一つに「自分への評価が低い・給与が低い」があります。
なかでも給料への不満はエンジニアのなかでも多い転職理由かと思います。
なぜなら筆者もそうだったからです。
自分に対する会社からの評価に満足できず、正当な給与をもらえていないと感じる方は少なくないはず。
エンジニアは専門知識が必要となり、営業と比べて仕事内容もブラックボックス化していると言えるでしょう。
寝る間も惜しんで仕上げても「できて当たり前」と評価をされてしまいがちなんですよね。
となると、正当な評価や給与を受けていないと転職を考えるのも当然です。

労働環境、人間関係に不満

エンジニアのなかには「定時ではほぼ帰れない」「有給がなかなか取れない」「常に睡眠不足」これらに当てはまるという方は多いのではないでしょうか?
そう、エンジニアの労働環境は過酷なことが多いです。
ちなみに筆者は前職全てこれらに当てはまりました。
また、どの職種にもあることですが人間関係に悩んで転職を考える人も多いでしょう。
エンジニア業界ではプログラミングについて全く理解していない上司からパワハラもどきな対応をされることもあるかと思います。

仕事内容そのものに不満

エンジニアは専門技術の仕事であるため、仕事内容そのものにやりがいを持っている方が多くいる業種です。
そのため、本当はやりたかった仕事ができない状況に置かれていると不満も大きくなるはず。
プログラミングが好きだからプログラマーとして仕事がしたいのにSEを任されてしまいプログラミングに関わることができない、WEBデザイナーの仕事が多いなど、本来やりたかった仕事ができない場合も転職を考える立派な理由のひとつとなります。

エンジニアが転職を考える理由をご紹介しました。
エンジニアという専門性の高い仕事だからこそ悩むことはたくさんあるでしょう。
「こんな理由じゃ転職する理由にならない」と転職に踏み切れないでいる方の勇気になれば幸いです。